子供の学校問題

Blog

今日は長男が学校に遅刻していった。我が家では遅刻するも休むもその子が決める。長男はアトピーが寝る前に痒くなることもあって寝不足になると遅刻することが多い。それでいい、と思ってる。

一人部屋が欲しいといってゲストルームを使わせたときは夜中にゲームやYouTubeに夢中になり遅刻常習者になったことがあった。その時は「なにやつてるんじゃ!」と思ったけど、今思い出すとなかなか面白いこと。でもさすがに自力でバランスがとりにくそうだったので、話し合って元の部屋に戻しリズムを戻した。
自分の甘さを本人も痛感したと思う。学校には行かなければ、もいい成績をとらせたい、も特にない。小学校や中学校時代を楽しく過ごしてほしい。

先生に評価されるためにしたくない教科の勉強はしなくていいと思う。でも、自分の本当に進みたい道にその教科や受験が必要だと自分で気づいたら勉強していい点とればいい。ここで大事なのは「自分できめる」こと。

私は自分で決めてるようにみせかけて親の目や周りの評価を気にしていた。

親は何のために人より勉強をしてほしいと思ってるの?それは、将来生活に苦しまないようにしてほしい。そう、将来の不安。。。

公務員がいいの?大学にいったら将来約束される?

うそうそ、けっこう病んでる人多いよ。自分の本当にしたいこと我慢して、「いいひと」してる人多いよ。自分の大切な子供にもそんな教育していくの?
どうせ無理」「好きなことでは稼げない」、、、、、そんな教育続けるの?

今の日本の教育の在り方には疑問がある。先生もきつそうだよ。我慢してるよ。教育者が我慢してたら、学校は窮屈になる。解放しようよ。

もっと大人たちが自分を解放して「あんな大人になりたい」って思ってもらえるようになったらいいよね。好きなことしてキラキラしてる大人、素敵だよね。

自分の人生は自分で決めていい。その代わり、誰のせいにもできないことも教えていく。

それが本当の自立。

10代だろうとも70代だろうとも、遅いことはない。やる、と決めた時が自分のタイミング。

不可能はないんだ。

私の子にはそんな教育をしていきたい。

Blog未分類
World Tsuru Possible Corp|ママだからってガマンしない![まりこの暮らし]
タイトルとURLをコピーしました