お母さんになるということ

Blog

私が長女を生んだのは24歳の時。あの時は本当に人間が生まれてくるなんて想像できなかった。

長女が生まれて気づいたことがある。子供って、「未熟な母親」ってわかって生まれてきてるなって。

長女に関しては赤ちゃんなのに私より大人だった。少しのことで気が動転してる私に「大丈夫、大丈夫」とよく私をなだめてくれてた。あの表情は今でも忘れない。本当に長女には支えられてきた。最近長女に「今まで津留家を守ってきてくれてありがとう」と伝えた。そんな感じがしたから。
旦那は14才年上だけど、独身気分が抜けなくて頼れないし、子供なんて未知の生物みたいな扱いだったし(笑)私も今思うと結構孤独だった。

お母さんになるって子供産んだら見せかけはなれるんだけど、かなりのストレスかかえるし、楽しむことなんてなかなかできない。時間はとられるし、したいことできないし、お金も自分より子供に優先的に使わないとだし、それまで他人だった旦那さんとの生活にイライラするし。
とにかく大変だって、、、どれくらいのお母さんは自分の本音に気づいてるんだろう。

もっと一人の人間として生きようよ。

子育ては、チームでしていってお母さんたちが孤独にならないようなサポートがいる。

お母さんを一人の女性・人間として大事にしてくれるサポートチーム。

お母さんがお母さんを演じる時代を終わりにしたい。好きに生きていいよって世界中のママに伝えたい。

Blog
World Tsuru Possible Corp|ママだからってガマンしない![まりこの暮らし]
タイトルとURLをコピーしました